<< 手作りで入園入学準備*体操服入れ・シューズ入れ・巾着の材料 | HOME | 子ども服ハンドメイド*型紙なしでスカート3点作りました*大人服でもできます >>
*まのあきこさん*おしゃれが好きな女の子の服より*ニットをミシン縫いする時は型紙セレクトが大事
紺の裏毛ジャケットと先日UPした格子柄チェックのワンピースとのコーディネイトです。
カバンとして持っているのは、アンティークのソーイングボックス。
ブルー&グリーンの組み合わせが気に入ってます。
*裏毛ジャケット
ニットのパターンをひくのが面倒だなぁ〜と思っていたら
著:まのあきこさん【おしゃれが好きな女の子の服*パッチ付きジャケット】のパターンがニットでも使えそうだったので早速製作。
(本ではヘリンボンを使ってます)
(ポケットは「角丸」に変更。見返しが少々付けづらかったので、パターンを修正しています。腕に付いてるパッチと後ろタブは未製作)
型紙付きの洋裁本ってほんとに便利ですね。
服作りってものすごく面倒で、形になるまでの大変な課程がわかってるだけに、便利というよりありがたさを感じます。
このジャケットもシルエットがきれいで、とってもかわいい。
さて、
本題の『ニットをミシン縫いする時は型紙セレクトが大事』ですが、
ニットソーイングは、ロックミシンで仕上げると超簡単ですが、直線縫いミシンを使うと超難関になります。
Tシャツやトレーナーのようにリブつけデザインを選んだら問題ないのですが、ジャケットやワンピースやシャツを縫うのに、布帛のパターンをそのまま使うのは、腕と経験が必要。
でも布帛ぽいデザインのニットを作りたい!と思った時は、型紙チェックをしてください。
めちゃくちゃざっくり言うと
「パーツが少ないパターンで作られてるデザインを選ぶ」です。
今回、このジャケットデザインを選んだのは「衿がショールカラー」だったからです。
ショールカラーは衿が身頃とが繋がっていて、見返しを付けると衿が出来上がります。
衿単独のパターンが無い分縫製は少なくなり、生地が重なってゴワゴワになることもありません。
という風に「ニットで縫う時はより簡素に」が大事。
生徒さんからよく「今まで何気に買っていた洋服ですが、洋裁を初めてからどんな縫製をしてるのか気になるようになりました」と言われたりするととっても嬉しくなります。
「それは上達の証」まずは既製服を観察するのはとっても大事です。
そもそもニットと布帛は、工場も生産地も違うので、デザインするのもパターンをひくのもまったく違った観点で作っています(アパレル企業では)
今回は「型紙」に絞って記事を書きましたが、
ニット製作で大事なのは「生地選び」でもあります。
長ーい説明になるので、また次回に。
**********
ワンデーレッスン
【ハンドメイドで入園入学準備】の詳細はこちらのブログ記事
**********
3月のレッスンを更新しています。
※こちらのシステムは月極生徒さん及び、以前ワンデーレッスンまたは体験レッスンに参加された方のみ利用可能です。
3月レッスンの詳細&2月レッスン空き状況はこちらの記事
新規で見学、体験レッスンご希望の方は
右サイドバーのお問い合わせフォーム(PC版)
又は、メールにてご連絡ください。
 
※現在、土日レッスンは満席です。
平日の午前、午後のレッスンに空きがあります。初心者さん歓迎です。お気軽にお越しください。
*4月からレッスンスケジュールが一部変更になります*
ルピカソーイング教室

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ

| ソーイングのコツ | comments(0) | -


COMMENT


POST A COMMENT










rupicalalapica***ルピカソーイング教室

ルピカソーイングは子ども服と子ども雑貨、子育てママ服や服飾雑貨、ドール服を専門に創作する洋裁教室です。
大阪北摂 JR千里丘駅徒歩4分。
阪急摂津市駅徒歩9分。
HP*http://www.rupicalalapica.com/

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
 
mobile
LINKS
OTHER